OVERDRIVE

アクセスカウンタ

help RSS M4A89GTD PRO/USB3 biosアップデート

<<   作成日時 : 2011/05/11 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりのPCネタ。

最初はBS(ブルースクリーン)が起きていたけれど、最近はそれが解消された。


BSが発生していた時は、BIOS設定を弄ってみたり、ドライバを古いの新しいのと入れ替えたりしてみた。

で、弄った後数日は安定するも、結局はBSが発生してしまう。

購入時のBIOSは”1703”で、3月に”1902”へと更新した後は安定していたけれど、そのうち(頻度は随分と少なくなったものの)BSが発生するようになった。

頻度は減ったとはいえ、BSは発生するのはどうもストレスが溜まるので、メモリの買い替えも検討していた。


駄目もとでマザボ”M4A89GTD PRO/USB3”のBIOSを更新してみたのは先月の事。

先月リリースされた新しいBIOSは”2001”と”3012”で、”3012”はベータ版でAM3+ CPUのテスト用らしく注意書きがされていた。

マザボM4A89GTD PRO/USB3がAM3+に対応しているというのは嬉しい誤算だけれど、6コアを持て余している私には8コアなんて関係無いかな。

・・・あれ?、今見たら”3012”が無くなっていた。

その時更新したBIOSは”2001”の方。

BIOS”1902”の時はASUS UPDATEからすんなりとアップデートできたのに、”2001”はソフト上で見つからずマニュアルでHPからダウンロードしてアップデート必要があった。
画像

昔の様にFDに入れて〜といった作業ではなくWindows上で出来るのでとても簡単。


で、このBIOS”2001”にしての安定度が素晴らしい。

”2001”の更新内容は、

【Improve the performance of SATA5/6 Ports under IDE Mode.】

という事らしいけれど、メモリとのやりとりあたりもかなり改善されているのではないか?

このBIOSに更新してから一度もBSは発生していないし、以前のBIOSではFirefoxなどもたまに落ちてしまっていたのが、今は一度も落ちる事無く安定している。

メモリの電圧値やCnQなどの設定も全てデフォルト。

初期不良でマザボを交換したかの様な変貌振りにビックリ!


調子に乗って、”TURBO KEY 2”もenableにしてみたけれど、一切不安定にはならない。
画像


EPUをチョイチョイと弄ってみても、安定している。
画像


それ以上弄らずにそのまま使っているけれど、弄る必要が無い程満足度は高い。

今月は・・・とチェックしてみたら、BIOS”2101”がリリースされていた。

内容は、
【Fix the issue that system may be unable to run EZ-FLASH when AHCI mode is selected. 】
と書かれているけれど、他に最適化もされているのではないだうか?

とりあえず、アップデートしてみたけれど、今のところは安定している。


Catalyst Software SuiteSouth Bridge Driverは、現時点では最新が11.4なのでこれにアップデートしても、全く動作は安定している。

あれ?CCCの名前がAMD VISION Engine Control Centerに変わっている?

最新のチップセットドライバは11-5がリリースされていたので、そちらも更新しておいた。


ASUSはBIOSの更新は頻繁で、私が購入して約5ヶ月で既に3回更新されているし、AMDのチップセットドライバの更新も頻繁にあるのは、ユーザーとしては有難い。

M4A89GTD PRO/USB3を使っていて、memtest86+で異常は無いのにBSなど動作不安定だという方は、BIOSを最新にしてみるのも手かも。
→自己責任で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

メールアドレスはコチラ

@
M4A89GTD PRO/USB3 biosアップデート OVERDRIVE/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]