アルミホイールを綺麗にしよう!

W202のアルミホイールを交換したので、これまで履いていたW202純正アルミを洗ってみました。

しかし、ただ洗うだけでは面白くないので、アルミホイールの汚れを落とすにはどの洗剤が一番なのかを決めるべく、

アルミホイールを一番綺麗にする洗剤はどれだ選手権

が開催されました。
画像


エントリーは
①台所用中性洗剤
②クイックブライト
③マジックリン
と、比較的お手頃な洗剤たち。
画像


昔はアルミホイール専用クリーナーって色々と買っていたんですけど、イイ値段する割には滅茶苦茶綺麗になるクリーナーに会った事が無いため最近は全然買わなくなりました。

さて、今回はどの洗剤が最もアルミを綺麗にしてくれるのでしょう?

①台所用中性洗剤から
画像

スポンジに適量とってゴシゴシと洗います。
画像

一応それなりに綺麗になりましたが、8穴にこびり付いたブレーキダストまでは取る事ができません。
画像

あまりにも平凡な結果・・・。
これじゃ、クイックブライトとマジックリンとの比較もクソもあったもんじゃないので、ホイール裏側も洗うことにしました。
画像

最近のブレーキパッドにはアスベスト代替えとしてアラミド樹脂繊維をメインとした素材を使用していると思いますが、決して健康に良さそうな物では無いので、作業には注意をしましょう。

ゴシゴシと洗いますが、すぐに真っ黒になり洗い甲斐があります。
画像

で、水を流して汚れを落とすと結果がこんなです。
画像

時間と根気があればもっと綺麗になると思いますが、出来るだけ短時間で洗浄力の比較をしたいので、このくらいでやめておきます。

お次は、②のクイックブライトです。
画像

これはあまり泡立ちしないですが、ペースト状というのが作業しやすいです。
画像

仕上がりも①台所用中性洗剤と同じ程度、やっぱりなと言った感じ。
画像

なので、裏側を洗います。
画像

ちょっと多めに付けて擦ると、イイ感じで汚れが落ちていきます。
画像

①よりも綺麗になりました、なかなかの活躍です。

最後は③マジックリンです、どこかのサイトでプロもホイール洗浄はコレだぜ!と書かれているのを見た事があるし、日常でも色々と活躍してくれているので期待は大きいです。
なので、今回はフロントホイールというハンデ戦。(これまでの2つはリアホイールでした。)
画像

直接スプレーしてちょっとだけ待ちます。
画像

独特の臭いはあまり好きではありませんし、ゴムや樹脂への攻撃性も気になりますので、水を沢山掛けて洗います。
画像

8穴の鉄粉は少し残っています。
画像

裏側も直接スプレーしてからゴシゴシと。
画像

注意:”アルミ製品は変色する事があるの”と書かれていますので自己責任でお願いします。
画像

やっぱりコレが一番洗浄力が強いかな。
画像

でもギンギラにはなりません、②クイックブライトと仕上がりは同じくらい、ハンデを考えると・・・微妙。
画像

ということで、洗浄後を並べてみます。
画像

近づいてみると、
①台所用中性洗剤
画像

②クイックブライト
画像

③マジックリン
画像

意外にも
1位③マジックリン
2位①台所用中性洗剤
3位②クイックブライト
て感じ。

裏側は、
①台所用中性洗剤
画像

②クイックブライト
画像

③マジックリン
画像

1位②クイックブライトと③マジックリン
3位①台所用中性洗剤

と、汚れの頑固な裏側で差が出たかなといった感じです。

個人的な総合順位は、

1位:②クイックブライト
 →洗浄力と手やゴム・樹脂への攻撃性、ペーストの作業性のトータルバランスで考えるとコレ。

2位:③マジックリン
 →洗浄力だけなら1位だけど、手が荒れるし(手袋しましょう)樹脂・ゴムなどへの攻撃性を考えるとちょっと。

3位:①台所用中性洗剤
 →洗浄力は劣るけど、コストパフォーマンスを考えると悪くはないかな?

といった結果となりました。
やっぱり、鉄粉全てを取るというのは厳しいし、逆に(逆って?)台所用中性洗剤でも十分綺麗になります。

で、作業終了後に片づけをしているときに、洗車道具入れからこれ(↓)を発見。
画像

そんなオチです。

ということで、今後はクイックブライトを使ってアルミホイールを洗いたいと思います。

この記事へのコメント

しげ
2008年12月05日 12:28
私も仕事上、ホイールを洗うのに色々な洗剤等を
使ってみました。
クリームクレレンザーやサンポール、
ブレーキクリーナーなどなど。

写真の専用剤もメーカーとウチが取引があったので
大量仕入して使ってみましたが・・・イマイチ。
結局のところ、市販されるような洗剤は人体に
影響がないように調合されているようです。

ちなみにプロ仕様専用洗剤は強烈です。
霧状に噴霧された溶液を吸い込むと
ひどくセキ込んでしまうほどです。
そのかわり染み一つ残りません。

ただ、あまりにも強い洗浄力のためアルミが
白っぽく変色することがあったりします。

市販品orプロ仕様・・・一長一短てとこでしょうか。
furu
2008年12月05日 19:54
しげさん

へ~、やっぱりプロ仕様って凄いんですね。
プロ用のタイヤワックスのテリテリ具合も凄いですよね。

クリームクレンザーは目に付いたんですけど、研磨剤入りなのでパスしました。
今大会には、”研磨剤・有機溶剤を含まない”という隠れたレギュレーションがあったので不参加となりました。

市販で気になっていたのが、鉄粉を紫色に変色させて取るという凄そうな奴!
でも、樹脂やゴムへの影響が気になったので購入しませんでした。
u_suke
2008年12月07日 01:48
紫色になるヤツ持ってますよ。
鉄粉落しinシャンプーみたいなヤツで結構綺麗になります。
バックスなんかで普通に売ってますよー
furu
2008年12月07日 17:37
u_sukeさん

あの鉄粉が紫色に変色するヤツはナカナカ購買欲をそそりますよね。
特に独車のフロントホイールはとても汚れますから。
ただ、化学反応とか書かれているので、タイヤとか樹脂へを考えると躊躇してしまうんです。

この記事へのトラックバック